<大津波・津波警報>気象庁「小さくても安心せず引き続き警戒を」 (毎日新聞)

 南米チリの大地震による日本沿岸の津波の状況について、気象庁は28日夕方に記者会見。「現在、津波は来襲している状況で引き続き警戒をお願いする。今回の津波は第1波が到達してしばらくあと、大きな津波が到達する傾向があるので、安心をせずに津波警報が解除されるまでは海岸に近づかないように」と警戒を呼びかけた。

 津波警報の解除については、「現在、東北・北海道に後続波の津波が来襲している段階で、この状況では解除できる状況にない。非常に大きなエネルギーの津波が落ち着いたあと判断する」と、しばらく状況を見守る方針を明らかにした。気象庁によると、1960年のチリ地震津波の際も、最初に小さな津波が到達したあと非常に大きな津波が到達して、被害が出たという。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
【写真特集】大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫
【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる
【写真特集】チリでM8.8の大地震
<昭和毎日>チリ地震津波、三陸を襲う(1960年5月24日)
質問なるほドリ:津波の高さってどうやって測るの?

避難所利用わずか6.5% 第1波後、次々と帰宅 東北4県(河北新報)
国民新党、新たな旗印に「本格保守」(産経新聞)
「政治とカネ」で協議機関=与野党幹部が大筋一致(時事通信)
<路上生活者>34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査(毎日新聞)
財団法人
[PR]
by iw7rchciko | 2010-03-04 20:41


<< チリ大地震 出足鈍い国際社会へ... 元係長、「局長関与」供述、「勾... >>