地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は24日、本体工事の中止を表明していた八ツ場ダム(群馬県)の建設予定地の同県長野原町を訪れ、地元住民と初めて意見交換した。同相は「困惑と怒り、将来に対する不安を抱かせているのはわれわれ政治の責任だ」と謝罪したが、住民側からはダム建設を求める意見が続出。議論は平行線をたどった。
 同相が就任直後の昨年9月に予定地を視察した際、住民側は「中止ありきでは話ができない」と面談を拒否した。同相はその後、本体工事に着手していない他の88ダムと同様、同ダム建設の是非を再検証すると表明。昨年12月になって住民側が意見交換に応じることを決めた経緯がある。
 意見交換会には、長野原町と、隣接する東吾妻町の住民ら約140人が参加した。同相は席上、国の危機的な財政状況などを挙げて同ダム中止を表明した理由を説明。その上で、ダムによらない住民の生活再建策を議論させてほしい、と求めた。
 しかし、住民側は「中止を前提とした議論はしない」と拒否。発言者からは「謝ればよいという話ではない」といった声も上がり、ほとんどが、ダム建設とダム湖を前提にした生活再建を進めるよう求める意見だった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<小沢幹事長>地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か(毎日新聞)
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合(時事通信)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)
政界引退報道を否定=自民・山崎氏(時事通信)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-28 07:13


<< <サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン... 足利再審 録音テープ再生 メデ... >>