「刑事責任問われれば責任重い」会見で小沢氏(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長は、1日の定例記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について、「不正な金銭は一切受け取っていない」と改めて潔白を主張した上で、「刑事責任を問われる事態は想定していないが、もしそういう事態があるとするなら、責任は重いと考えざるをえない」との認識を示した。

 小沢氏は冒頭、「先週、弁護人を通じて当局からもう一度話を聞きたいとの要請を受けた。日程調整をして、昨日(1月31日)、都内において3時間あまり、色々な説明を求められ、知っている限りの事実、記憶している事実について、包み隠さず申し上げました。内容は、先日、行われた時(1回目の事情聴取)の内容とほぼ同じ内容です」などと説明した。

 記者の質問に対しては「個々のことは捜査中なので私から申し上げるのは適切ではないと思います」などと述べ、詳しい説明を避けた。

自民党大会 「敵失」生かせぬ谷垣氏 揺れる党内、抑えられず(産経新聞)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を−米科学アカデミー報告書(時事通信)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮−亀井担当相(時事通信)
【中医協】軽症の救急受診、特別料金徴収は見送り(医療介護CBニュース)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-02 15:08


<< 路上で下半身露出 東京消防庁消... 首相、普天間飛行場の継続使用は... >>