<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か−東京(時事通信)

 東京都板橋区は29日、志村福祉事務所(同区蓮根)で現金約32万円と通帳、印鑑が盗まれたと発表した。ドライバーのようなものを使って窓がこじ開けられた形跡があり、警視庁志村署は窃盗事件とみて調べている。
 同事務所によると、盗まれたのは生活保護費として保管中の約32万円のほか、預金通帳15冊、印鑑16個。事務室の机の引き出しに保管していたが、別の机の中にあった鍵が使われるなどして、盗まれたとみられる。
 このほか、事務所裏で通帳7冊と印鑑6個も見つかっており、逃走途中で捨てられたとみられるという。 

【関連ニュース】
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入
「公設派遣村」終わる=入所者264人が退所
千葉県警警部、フィギュア万引き=現行犯で逮捕
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑
山本病院元理事長に実刑=診療報酬不正受給

<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
首相動静(1月29日)(時事通信)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
都議補選あす投開票(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-30 17:32

<サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令(毎日新聞)

 青森県は22日、八戸市内の食品製造会社「宝幸八戸工場」で製造されたサバの水煮缶(190グラム)から高濃度のヒスタミンが検出されたと発表した。水煮を食べた埼玉県川越市の男性1人が口のしびれなどを訴えたという。八戸保健所は工場に対し、同じ製造工程を経た4000〜5000個の回収命令を出した。男性は既に回復しているという。

 青森県によると、水煮缶は昨年8月に製造され、100グラム当たり325ミリグラムのヒスタミンが含まれていた。ヒスタミンはサバに含まれる魚肉たんぱく質のアミノ酸が高温で繁殖した細菌で分解されてできることがある。県は「サバがどこかの段階で通常の冷蔵温度より高い状態に置かれていた可能性がある」とみている。【後藤豪】

【関連ニュース】
花粉症で「気づきにくい能力ダウン」 啓発プロジェクト発足

風力発電 環境アセスの対象へ(産経新聞)
「共通言語」としてのICFの在り方を議論(医療介護CBニュース)
峰崎財務副大臣が引退へ=参院選、後継に新人擁立−民主道連(時事通信)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)
パナソニック電工、電気カーペットから発煙(読売新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-29 09:38

地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は24日、本体工事の中止を表明していた八ツ場ダム(群馬県)の建設予定地の同県長野原町を訪れ、地元住民と初めて意見交換した。同相は「困惑と怒り、将来に対する不安を抱かせているのはわれわれ政治の責任だ」と謝罪したが、住民側からはダム建設を求める意見が続出。議論は平行線をたどった。
 同相が就任直後の昨年9月に予定地を視察した際、住民側は「中止ありきでは話ができない」と面談を拒否した。同相はその後、本体工事に着手していない他の88ダムと同様、同ダム建設の是非を再検証すると表明。昨年12月になって住民側が意見交換に応じることを決めた経緯がある。
 意見交換会には、長野原町と、隣接する東吾妻町の住民ら約140人が参加した。同相は席上、国の危機的な財政状況などを挙げて同ダム中止を表明した理由を説明。その上で、ダムによらない住民の生活再建策を議論させてほしい、と求めた。
 しかし、住民側は「中止を前提とした議論はしない」と拒否。発言者からは「謝ればよいという話ではない」といった声も上がり、ほとんどが、ダム建設とダム湖を前提にした生活再建を進めるよう求める意見だった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<小沢幹事長>地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か(毎日新聞)
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合(時事通信)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)
政界引退報道を否定=自民・山崎氏(時事通信)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-28 07:13

足利再審 録音テープ再生 メディア公開阻む「目的外使用禁止」(産経新聞)

 足利事件の再審公判で再生された録音テープの公表をめぐり、菅家利和さん(63)の弁護団の対応が二転三転している。証拠物の目的外使用が法で禁じられているためだ。

 弁護団は、法廷での再生後、テープを複製したCD−ROMと内容を書き起こした「反訳文」を報道各社に配布すると発表。地検側にも通告していた。

 これに対し、21日の公判の冒頭、佐藤正信裁判長が「証拠の複製物の第三者への配布は刑事訴訟法違反。弁護側は配布を差し控えるべきだ」とクギを刺した。

 弁護団は「(テープの内容は)虚偽の自白で、菅家さんや事件の被害者の名誉やプライバシーを害するものはない」と主張しているが、配布を見合わせ、22日の閉廷後に再度協議するとしている。

 佐藤裁判長が指摘したのは、刑事訴訟法第281条の4の「目的外使用禁止」条項が、裁判での証拠の法廷外使用を禁じているからだ。この規定は、証拠が流出することによって、被害者のプライバシーが侵害されるのを防ぐことを目的として、平成16年の法改正の際に盛り込まれたが、識者やメディアからは「公益性のある資料の公開を禁じる可能性もある」と批判が上がっている。

 ジャーナリストの大谷昭宏氏は「こういう形で人は誘導され、自白してしまうということを国民に知ってもらうことが大切。本来であれば、法曹三者は進んでメディアにテープを公開すべきだ」と指摘する。

【関連記事】
足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う 
感無量の音色響く…足利事件の菅家さんが故郷で除夜の鐘
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える
足利事件 「当時の鑑定は精度低かった」科警研所長が再審で証言
【足利事件】科警研所長を証人尋問 再審公判

自民・青木氏が出馬表明「お年寄りにも勇気」(読売新聞)
「銀座のママは金持っている」=ひったくり容疑で少年5人逮捕−警視庁(時事通信)
<無料低額宿泊所>FIS幹部3人を在宅起訴へ 脱税で(毎日新聞)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-26 12:03

新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造(産経新聞)

 福岡県糸島市の「白糸酒造」(田中信彦社長)で江戸時代後期の創業時から受け継がれる伝統の「ハネ木搾り」による新酒搾りが始まった。機械化が進む中、この手法を残す酒蔵は全国でも珍しく、搾りたての生原酒は2月4日の立春に合わせて発送される。

 ハネ木搾りは約8メートルのカシで作った「ハネ木」の先端に計約1・2トンの石を釣り下げ、てこの原理を利用して木箱に詰められたもろみを搾る技法。同酒造では創立の安政2(1855)年から続けられてきた。

 初搾り2日目の20日は、杜氏(とうじ)の中村常雄さん(73)や蔵人ら4人が石の数を調整しながら縄でハネ木にくくりつけ、新酒をじっくりと搾り出す作業にかかった。田中社長は「今年は寒い日が多く、時間をかけて発酵させることができるため、味がまろやかになる」と仕上がりに期待を込めた。

 田中社長によると、ハネ木搾りは機械作業と異なり、もろみを搾りきれない分、雑味成分が酒に残りにくいという。

 搾りたての生原酒「立春」は745ミリリットル入りで1300円(税込み)。注文販売で受け付けは31日まで。2月20、21日と4月10、11日の4日間は新酒を試飲できる「蔵開き」が予定されている。問い合わせは同酒造((電)092・322・2901)。

【関連記事】
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地
姫路で全国凧あげ祭り 手作りたこが乱舞
1.8mの筆踊る 広島で巨大書き初め
大洲歴史探訪館オープン 龍馬などの資料展示
ハマチ・ブリの「年末特別出荷」が最盛期 愛媛・宇和島

小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向(産経新聞)
加湿器 中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
<虚偽記載容疑>大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
阪神大震災 発生から15年の朝 さまざまに鎮魂の祈り(毎日新聞)
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生−足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-25 14:35

小沢氏「隠し立てするものない」…記者会見(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部による任意の事情聴取を受けた小沢氏は23日夜、聴取を受けた東京都内のホテルで記者会見を開き改めて「隠し立てするようなものはない」などと身の潔白を強調した。

 小沢氏は会見や会見前に配布した書面で、土地代金に充てた4億円の原資について〈1〉1985年に湯島の自宅を売却した代金から2億円〈2〉97年に家族名義の口座から引き出した3億円〈3〉2002年に家族名義の口座から引き出した6000万円を都内の事務所の金庫で保管しており、2004年10月当時に金庫に残っていた4億数千万円のうち4億円を同会に貸し付けたと説明。4億円の一部が建設会社からの裏献金ではという疑惑について「不正な裏金など一切もらっていない」と主張した。

 また、この4億円の収入を同会の政治資金収支報告書に記載しなかったことについては「全く把握していなかった。記載内容について相談されたり報告を受けたこともない」と、関与を否定した。

インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ−北沢防衛相(時事通信)
平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補−政府(時事通信)
沈黙の民主・代議士会「今は発言しにくい」(読売新聞)
<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
ハイチ大地震 インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-23 20:48

サイト利用料を架空請求=詐欺未遂容疑で15人逮捕−警視庁など(時事通信)

 携帯サイトの利用料名目で金をだまし取ろうとしたとして、警視庁捜査2課と栃木、富山両県警などは21日までに、詐欺未遂容疑で、東京都文京区小石川、無職内山弘之容疑者(27)ら15人を逮捕した。
 同課によると、同容疑者は容疑を否認し、「何も悪いことはしていない」と供述。同容疑者らは2グループをつくり、それぞれ1日4000〜5000件の架空請求メールを送っていたといい、全容解明を進めている。 

【関連ニュース】
振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕
両親連れ、1カ月以上無銭宿泊=「親孝行に見えた」53歳女を逮捕
虚偽の出会い系サイト運営=「サクラ」動員
男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ
スキージャンプ台受注を偽装=社長ら逮捕、1億8000万円詐取か

<教師刺殺>卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁(毎日新聞)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加−時事世論調査(時事通信)
有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」−福岡高裁(時事通信)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-23 03:35

「借りたカネは返すな!」著者 脱税指南容疑で逮捕(産経新聞)

 脱税の手助けをしたとして、さいたま地検特別刑事部は15日、所得税法違反の疑いで、コンサルティング業「セントラル総合研究所」(東京都千代田区)の社長、八木宏之容疑者(50)=東京都文京区本郷=を逮捕した。容疑を否認しているという。同社元専務の森田耕一郎容疑者(54)も逮捕。森田容疑者は容疑を認めている。

 セントラル総合研究所は、中小企業向けの事業再生コンサルティング会社。八木容疑者はベストセラー「借りたカネは返すな!」シリーズの著者として知られる。

 地検の調べでは、2人はセントラル総合研究所の顧客の所得を隠そうと画策。不動産売却益の一部を除外するなどの方法で、顧客の平成19年の所得約2億3110万円を申告せず、所得税約3403万円を脱税した疑いが持たれている。地検によると、2人は顧客に脱税方法を指南していたという。

 セントラル総合研究所は「八木容疑者個人に対する捜査なのでコメントできない。捜査には協力している」とコメントしている。

<大雪>新潟県内で1日に100センチ(毎日新聞)
大阪で遺骨収集シンポジウム開催 野口健さんらが意見交換(産経新聞)
<普天間移設>平野官房長官「5月は政府起案の期限」(毎日新聞)
石川議員から3回目の聴取 特捜部、陸山会土地購入疑惑で(産経新聞)
菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-22 06:24

近ツー元社員に逮捕状=旅行積み立て7億円詐取容疑−大阪地検(時事通信)

 旅行積み立て契約を装って、大阪市の建設会社から約7億円をだまし取った疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は21日、詐欺容疑で近畿日本ツーリスト(東京都千代田区)元社員の男(41)の逮捕状を取り、関係先を家宅捜索した。
 男は自宅から行方をくらましており、特捜部は所在をつかみ次第、逮捕する方針。
 建設会社は昨年、近ツーと元社員に計約7億円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴し、元社員を地検に告訴していた。
 訴状や捜査関係者などによると、建設会社は満期時にサービス額を上乗せした旅行券を受け取れる近ツーの旅行積み立て商品「旅したく」を契約。2006年12月から09年1月までに計7億円を振り込んだ。
 元社員は「旅行券ではなく、現金でも返還できる」などと説明。一部の解約申し出に応じ返金するなどしたが、同年2月、建設会社が問い合わせたところ、契約は架空で元社員の個人口座に振り込まれていたことが発覚したという。 

【関連ニュース】
振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕
両親連れ、1カ月以上無銭宿泊=「親孝行に見えた」53歳女を逮捕
元女性職員に逆転無罪=証言の信用性否定
虚偽の出会い系サイト運営=「サクラ」動員
スキージャンプ台受注を偽装=社長ら逮捕、1億8000万円詐取か

<連れ去り>車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋(毎日新聞)
<山岳遭難>北岳で収容された遺体は横浜の41歳会社員(毎日新聞)
山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で(産経新聞)
普天間めぐり平行線 日米外相「5月まで…」「現行案急げ」(産経新聞)
<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-21 13:27

7カ月長男死なせる=教義に従い、病院行かず−殺人容疑で両親逮捕・福岡県警(時事通信)

 生後7カ月の長男が細菌に感染して衰弱しているのに、宗教上の理由から適切な治療を受けさせずに死なせたとして、福岡県警捜査1課などは13日、殺人容疑で、福岡市東区唐原、いずれも宗教団体職員の高月秀雄容疑者(32)と妻邦子容疑者(30)を逮捕した。同課は医療ネグレクト事件として東署に捜査本部を設置し、全容解明を進める。
 捜査本部によると、2人とも容疑を認め「受診させればよかった」と供述する一方、「自然の治癒力で絶対良くなると信じていた」などと説明しているという。
 逮捕容疑は、昨年2月に生まれた長男がアトピー性皮膚炎などが悪化して細菌に感染し、重篤な状態だったのに、団体の教義に従って病院に連れて行かずに放置し、昨年10月9日午後8時ごろ、自宅で敗血症で死なせた疑い。 

【関連ニュース】
80歳、認知症の妻殺害=「一緒に暮らしたい」施設退去し
殺人容疑で24歳次男を逮捕=父親の首など刺す
チャンネル争いでトラブルか=殺人容疑で無職男逮捕
全焼の車から2遺体=殺人容疑で男逮捕
顧客の男を再逮捕=貸金業者殺害

【いきもの秒写】アムールトラ 大阪市・天王寺動物園(産経新聞)
次世代電力網で日本連合後押し=24社でフォーラム−経産省(時事通信)
10人乗り漁船が不明=五島列島沖の東シナ海−海保(時事通信)
勢いそぐ「政治とカネ」=民主、16日に党大会(時事通信)
<大雪>新潟県内で1日に100センチ(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-20 20:02