<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

山岡氏、外国人参政権法案提出は「予算成立のメド立ってから」(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は14日、国会内で駐日韓国大使館の季赫公使と会談し、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「提出・審議は平成22年度予算案の成立のメドが立ってからだと思う」と述べ、提出は3月下旬以降との見通しを示した。李氏は、昨年12月に約140人の民主党国会議員が参加した訪中団を念頭に、「民主党の有志を募って訪韓してほしい。準公式の位置づけで、李明博韓国大統領との会談も手配する」と要請し、山岡氏は検討する考えを示した。

【関連:外国人参政権法案】
「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
首相「日韓併合100年というタイミングでもある」
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…

【近ごろ都に流行るもの】国産マッコリ “日本酒”の新たな仲間(産経新聞)
水俣病一時金、被害者団体と200万円で調整(読売新聞)
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
こんにゃく入りゼリー「餅に次ぐ窒息事故頻度」(読売新聞)
天下り監視機関を新設へ=官民人材交流センターは廃止−政府(時事通信)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-19 02:17

<小沢幹事長>首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る事件で石川知裕衆院議員らが逮捕された中で16日、政権交代後初の民主党定期大会が東京都内で始まった。午前は財政小委員会と地方代議員会議を行い、午後1時から日比谷公会堂で本会議を開催する。

 全国町村会館で開かれた地方代議員会議では、実行委員長の奥村展三総務委員長による開会宣言後、小沢氏のあいさつが報道陣に公開される予定だったが、直前に非公開となった。抗議する報道陣に対し、小沢氏は「本会議で話すから」と語った。開会から約30分後、あいさつを終えた小沢氏は会場を出た。

 定期大会に先立ち小沢氏は同日午前10時16分、公邸で鳩山由紀夫首相と約15分間会談。報道陣の問いかけには応じず、うつむき加減で公邸を後にした。

 鳩山首相は16日朝、首相公邸前で記者団から「小沢氏の進退問題をどう考えるか」と尋ねられたが、「また後で」とだけ答え、都内のホテルで開かれている「アジア中南米協力フォーラム」外相会合に出席した。

 その後予定されていた茶道裏千家の新年茶会「初釜式」への出席は取りやめ、公邸に戻って小沢氏と会談した。

 衆参国会議員を集めた本会議では、福島瑞穂社民党首、亀井静香国民新党代表ら来賓に続いて党代表の鳩山首相があいさつ。その後、「参院で単独過半数の議席獲得を目指し、マニフェスト関連法案などを確実に成立させる道筋を作る」などと明記した10年度活動方針案を採択する予定だ。【近藤大介、影山哲也】

<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)
賛否両派が協議の場に=「鞆の浦」埋め立て架橋計画−広島(時事通信)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
普天間移設、現行計画は困難…長島防衛政務官(読売新聞)
<陸山会土地取引>強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-16 20:20

<日米密約>報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に(毎日新聞)

 日米密約を調査している有識者委員会(座長・北岡伸一東大大学院教授、6人)は11日、外務省で定例会合を開いた。資料の精査などに時間がかかるため、当初1月中に予定していた報告書の取りまとめが2月下旬以降にずれ込む見通しになった。会合では各委員から、報告書作成の進行状況が報告されたが、検証結果をまとめるにはなお時間が必要との認識で一致した。

 また、佐藤栄作首相とニクソン米大統領(いずれも当時)が交わした沖縄返還後の核再持ち込みを取り決めた密約について、密約文書を保管していた佐藤氏の次男、佐藤信二元運輸相から文書のコピーの提供を受けたことも報告された。【中澤雄大】

【関連ニュース】
沖縄返還密約:有識者委が財務省に資料要求 補償費負担で
安保条約改定50周年:日米首脳の共同声明発表へ
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整
鳩山首相:年頭会見「正念場の一年と覚悟」
核密約:複数の元次官ら「認識」 有識者委調査に回答

<火災>アパート1室全焼1人死亡 85歳女性住人か 埼玉(毎日新聞)
<フェリー座礁>2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる(毎日新聞)
10人乗り漁船が不明=五島列島沖の東シナ海−海保(時事通信)
<共産党>党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ(毎日新聞)
<アイヌ創作料理>修学旅行生向けに のぼりべつクマ牧場(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-15 12:47

新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬(医療介護CBニュース)

 塩野義製薬は1月13日、インフルエンザ治療薬ラピアクタ点滴用バッグ300mgと同バイアル150mg(一般名=ペラミビル)の製造販売承認を取得したと発表した。ペラミビルの正式な承認取得は世界初。

 米バイオクリスト社から導入した塩野義製薬が国内で開発。成人のインフルエンザ感染での1回投与と、糖尿病などハイリスク因子を有する患者での1回または複数回投与について承認を取得した。小児への適応についても既に臨床試験が終了しており、年度内の追加申請に向けて準備を進めている。

 既存のタミフル(中外製薬)が1日2回、5日間の経口投与、リレンザ(グラクソ・スミスクライン)が1日2回、5日間の吸入なのに対し、服薬1回の投与で済む。厚生労働省から優先審査品目に指定され、昨年10月後半の申請から約2か月で承認に至った。


【関連記事】
タミフル、リレンザに続く抗インフル薬を承認申請―塩野義
新規インフル治療薬が開発最終段階に―富山化学工業
中外製薬、タミフル1200万人分を供給へ
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計

音神
焼き肉定食
クレジットカード現金化
現金化
債務整理
[PR]
by iw7rchciko | 2010-01-14 02:08