<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

認知症の人が安全に外出できる環境の整備を(医療介護CBニュース)

 国土技術研究センターは1月31日、東京都内で「認知症高齢者とまちづくり―認知症高齢者が安全にいきいきと暮らせるまちを目指して」をテーマにシンポジウムを開いた。認知症の人が外出する上での課題や、安全に外出できる環境を整備する方策などを議論した。


 福井県の敦賀温泉病院院長の玉井顯氏は、「認知症高齢者の脳からまちづくりを考える」と題して基調講演を行った。玉井氏は、認知症の人には、言語的能力が低下した人と、非言語的能力が低下した人がいるため、認知症の人が理解しやすい環境を整備するためには、言語的なサインと非言語的なサインを組み合わせることが重要と指摘。また、認知症の人が混乱しないようにサインを統一することや、高齢者にとって身近な神社や地蔵など古くからあるものを活用することなども重要とした。

 また、「認知症ドライバーの特性と今後の対応」と題して講演した昭和大医学部精神医学教室准教授の三村將氏は、65歳以上の高齢者ドライバーが約1000万人にまで増加している現状を紹介。このうち、約200万人に認知機能の低下が見られ、10万-20万人は認知症を発症している可能性があると指摘した。
 さらに、認知症の人などリスクのあるドライバーに対しては、75歳以上の高齢者が運転免許証を更新する際に義務付けられている「講習予備検査」(認知機能検査)の拡大や、医師が一定の病気を報告する制度などの「運転を制限する方策」を講じる必要があるとした。その一方で、雨の日や高速道路での運転を制限する「限定付きの自動車免許」の導入や、事故を起こさない車の開発など「運転を促進する方策」の両者の必要性をと指摘した。

 同センターの情報・企画部上席主任研究員の沼尻恵子氏は、認知症の人の外出や歩行の特性について講演。認知症の人の外出に同行し、歩行の特性を観察した調査の結果を映像と共に示し、▽赤信号を見落とす▽車道を歩行する▽交差点で左右を確認しない▽下を向き、白線を見て歩行する―などの行動が見られたと報告した。その上で、こうした行動をする背景には、▽認知症による影響▽もともとの個人の属性▽空間の構成―の3つの視点があり、それらを踏まえて空間整備の在り方を考える必要があると指摘した。

 後半行われたパネルディスカッションでは、三村氏が、町づくりに携わる多くの職種が意見を出し合い、町全体が協力して環境整備の在り方を考えるべきと指摘。また、帝京大大学院文学研究科准教授の元永拓郎氏は、認知症の人が暮らしやすい環境を整備することは、子どもや障害者にとっても暮らしやすい町づくりにつながると強調した。


【関連記事】
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査
「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを
認知症GH、大都市部などで3ユニットまで可能に―厚労省通知
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設

<春闘>基幹労連、定昇や一時金確保重視へ(毎日新聞)
「子の奪取に関する条約」日本の早期加盟要請(読売新聞)
首都圏連続不審死 木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
加藤被告、謝罪し起訴事実認める…秋葉原事件(読売新聞)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-06 07:31

国会で説明「小沢氏が判断」=参院でも代表質問−首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相の施政方針演説などに対する各党代表質問が2日午前、参院本会議でもスタートした。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、首相は「小沢氏の国会招致は国会で議論してほしい。検察捜査の途中で事実関係も解明されてない状況なので、政治家としての判断は小沢氏自身にある」と語った。
 自民党の谷川秀善参院幹事長が「小沢氏に『国会で説明せよ』と党代表として指示するべきだ」と求めたのに対し答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

一足早く春の香り 司馬遼太郎記念館 菜の花で飾り付け(産経新聞)
横浜の小学校、不登校・暴力行為の専任教諭配置へ(読売新聞)
<平野官房長官>個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
<国家公務員法改正案>骨子まとまる 幹部人事を官邸で管理(毎日新聞)
武山百合子元衆院議員、公選法違反で有罪判決(読売新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-05 10:38

東海道新幹線 一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)

 東京と大阪を結ぶ大動脈・東海道新幹線は29日、突然の送電ストップで、3時間以上にわたってまひした。小田原−品川間では立ち往生した5本に、乗客計3100人が閉じ込められ、薄暗くトイレの水も流れない車両内で過ごし、疲労感をにじませた。

 停電直前、架線切断現場を通り過ぎ、パンタグラフが大破していた東京発名古屋行き「こだま659号」。乗客によると、12両目付近で「バチン」という大きな音がした後、車内の電気が消えてゆっくりと駅間に停車したという。山形県の無職男性(60)は「東京駅を出たと思ったら、ドンという音がしてタヌキでもひいたのかと思った。1キロぐらい走って止まったが、車内では混乱もなかった」と話した。

 神奈川県小田原市の会社員、小杉拓治さん(41)は「『トイレは使えません』『たばこは吸えません』と車内放送があった。暖房が切れて、日が落ちてからは寒くなった。車内で大きな混乱はなかった」と疲れた様子で話した。

 立ち往生していた新幹線は午後6時ごろ次々と東京駅に到着した。東京都内の病院を受診するために上京した静岡県の主婦、清百合子さん(50)は「小田原と新横浜駅の間で電車が止まった。現状を知らせる車内放送が10分おきに流れ、途中から停電してトイレの水も使えなくなった」と証言。東京都の会社員、高取順さん(48)は「車内販売の飲み物は売り切れていた」と話した。

 横浜市神奈川区の線路脇で起きた火災現場を発見し110番した会社員、一樹誠さん(33)によると、下り新幹線が通過する際、閃光(せんこう)とともに「ドン、ドン」という音がして架線から火花が散り、間もなく線路脇の雑草から出火したという。一樹さんは「雷が落ちたかと思った。煙が出始めたらあっという間に火が回った」と振り返った。

【関連ニュース】
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
東海道新幹線:雪で147本が遅れ
帰省ラッシュ:上越、東海道新幹線にトラブル 運休や遅れ
ボンネット型車両:昭和の特急の顔、3月で姿消す
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅

<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
雇用見込み期間「31日以上」に緩和へ(読売新聞)
<普天間移設>中旬にグアム基地視察へ 政府・与党検討委(毎日新聞)
約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
<コンビニ>車が突っ込む…けが人なし 大阪・八尾(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-04 11:23

路上で下半身露出 東京消防庁消防学校生を逮捕 栃木県警(産経新聞)

 栃木県警生活安全企画課と佐野署は27日、路上で下半身を出したとして、公然わいせつの疑いで、東京消防庁消防学校生、竹政嵩一(たかかず)容疑者(21)=東京都渋谷区=を逮捕した。竹政容疑者は容疑を認めている。

 県警などの調べによると、竹政容疑者は昨年6月22日午後10時10分ごろ、栃木県大平町富田の町道で、自転車に乗っていた同町の専門学校生の女性の前でズボンを下ろし、下半身を出した疑いが持たれている。

 女性が記憶していた車の特徴から、竹政容疑者が浮上。任意で事情を聴いたところ、容疑を認めたため、逮捕した。

【関連記事】
「忙しくて…」下半身露出のデリヘル経営者逮捕
「怖がる顔が見たい」公然わいせつ容疑で男逮捕
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕
「ムラムラして…」女子高生に路上で体液 23歳逮捕
2女児お手柄、車のナンバー半分ずつ覚え通報 下半身露出容疑の男逮捕

富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)
3兆円減の予算対案=財政再建を強調−自民(時事通信)
「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺−東京地裁(時事通信)
津市長に松田氏が再選(時事通信)
義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-03 12:05

「刑事責任問われれば責任重い」会見で小沢氏(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長は、1日の定例記者会見で、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について、「不正な金銭は一切受け取っていない」と改めて潔白を主張した上で、「刑事責任を問われる事態は想定していないが、もしそういう事態があるとするなら、責任は重いと考えざるをえない」との認識を示した。

 小沢氏は冒頭、「先週、弁護人を通じて当局からもう一度話を聞きたいとの要請を受けた。日程調整をして、昨日(1月31日)、都内において3時間あまり、色々な説明を求められ、知っている限りの事実、記憶している事実について、包み隠さず申し上げました。内容は、先日、行われた時(1回目の事情聴取)の内容とほぼ同じ内容です」などと説明した。

 記者の質問に対しては「個々のことは捜査中なので私から申し上げるのは適切ではないと思います」などと述べ、詳しい説明を避けた。

自民党大会 「敵失」生かせぬ谷垣氏 揺れる党内、抑えられず(産経新聞)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を−米科学アカデミー報告書(時事通信)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮−亀井担当相(時事通信)
【中医協】軽症の救急受診、特別料金徴収は見送り(医療介護CBニュース)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-02 15:08

首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず(産経新聞)

 7兆2千億円の追加経済対策を盛り込んだ平成21年度第2次補正予算は28日の参院本会議で、与党と公明党などの賛成多数で可決、成立、あわせて改正雇用保険法と改正地方交付税法も成立した。これを受けて、29日の衆参両院の本会議で鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説が行われる。各党の代表質問は2月1〜3日に衆参両院で行われる予定。与党は5日から22年度予算案の実質審議を始め、2月中に衆院を通過、年度内に成立させる方針だ。

 また、28日の参院予算委員会で、鳩山由紀夫首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「普天間の危険性の除去からスタートした問題なので、そこに戻るようなことはしない決意だ」と述べ、普天間の継続使用は容認しない方針を表明した。同時に「覚悟をもって5月末までに決める」と、改めて強調した。

【関連記事】
「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使
小沢氏再聴取は見送りへ、政治的影響を考慮
亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾 2次補正今夕成立
平野長官が普天間問題で強気発言 首相のフリーハンド狙うも神経逆なで、収拾付かず
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」

小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
<外国人労働者>09年15.7%増、最多は中国25万人 (毎日新聞)
「捜査への挑戦」可視化法案で大島氏(産経新聞)
将棋 王将戦七番勝負第2局2日目 羽生が馬を作る(毎日新聞)
JR阪和線で遮断棒折れ 堺市−三国ケ丘駅間の踏切(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-02-01 12:14