<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)

 鳩山首相が沖縄再訪で苦渋の「辺野古移設」を表明したその2日後、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が沖縄を訪れた。福島党首は、移設に関する閣議決定に署名せず、辺野古移設に反対する考えを強調した。普天間移設問題は、さらなる迷走を始めるのだろうか。

 「辺野古反対 知事に明言 福島氏が沖縄訪問」。2010年5月26日付の朝日新聞朝刊(東京最終版)は、1面トップで福島氏の25日の訪沖を伝えた。一方、産経新聞朝刊(同)は、同じ1面トップながら「社民 暴走」の文字が躍った。日米両政府がようやく大筋合意にたどりつき、公表を目前に控えたこの時期に「ひっくり返そうとする」社民党の姿勢を強く批判したものだ。

■「政権しがみついたら党が自然消滅する」

 「暴走」との表現こそ使わなかったものの、閣内からは福島氏への批判が噴出した。岡田克也外相は5月25日の会見で、「内閣の一員として、総理が大変厳しい決断をされたことに一定の配慮があってしかるべきではないか」と不満を漏らした。他大臣からも「政権の方向性に従って努力してほしい」「火をつけて回るのはどうか」などの声が出た。

 野党はあきれている。自民党の谷垣禎一総裁は「閣内不一致という生やさしい言葉では表現できない」、大島理森幹事長は「政府方針に反対なら閣僚を辞して行動するのが当然だ」と話している。福島氏の不信任案を出すことも検討している。

 当の社民党は5月26日、緊急両院議員総会を開き、辺野古移設に反対する方針を確認した。連立を離脱するかどうかの結論は出なかった。同党の阿部知子・政審会長らは、連立維持派で、政権に留まり引き続き県外・国外移設を訴えた方が良いとの考えだ。一方で、「政権にしがみついたら信頼を失い党が自然消滅する」(照屋寛徳・国会対策委員長)との危機感もある。

 離脱を避けたい社民幹部は、民主と政府へ妥協を迫っている。政府内では、移設先として辺野古を明記しない「政府方針」で5月28日の閣議決定に臨む調整も行われている。辺野古移設を明記する日米共同声明とは別に、社民党に配慮した文案の政府方針も用意しようという「2枚舌」作戦だ。

■参院選1人区で社民の支援得たい民主

 民主が社民へここまで配慮するのは、7月の参院選が直前に迫っているという事情もある。多くの1人区の選挙区で、民主候補を社民支持組織が支援する選挙協力が進んでおり、今さらのご破算は死活問題、という訳だ。

 残る連立パートナー国民新党の亀井静香代表は、「かんしゃく起こして政権離脱なんて子どものやることだ」(5月24日)と社民党に「大人の対応」を求めている。しかし、社民党には、旧社会党時代の「大人の対応」による支持急落のトラウマがあるのかもしれない。1994年の自社さ連立政権の村山富市内閣で、自衛隊合憲を認めるなど、従来政策を大きく転換させた「大人の対応」の結果、支持者層が離れ党勢が大きく後退した過去がある。

 インターネットのポータルサイト「ライブドア」のリサーチ欄で、福島氏の沖縄訪問について「不適切だと思う」かどうかを、2択できいた質問(5月25日〜)の26日夕現在(参加2000件強)の結果は、「(不適切だと)思う」68.3%、「思わない」31.7%だった。


■関連記事
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン : 2010/05/24
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」 : 2010/05/20
支持率低いのはマスコミのせい 菅発言が示す「政権末期症状」 : 2010/05/19
「萌え〜」な工具箱第2弾!「クイーンズブレイド」オフィシャルモデル : 2010/05/25
職場で「芸名」を名乗りたい人たち : 2010/05/26

地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
福島党首、沖縄知事と午後会談=普天間・辺野古反対で連携へ(時事通信)
覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)
「思い込み」が自分の可能性を制限している!?
橋下知事「大阪は原潜みたいに沈みっぱなし」(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-05-27 17:28

ジャンボひと筋「3億円当たればハワイ移住」 宝くじ発売(産経新聞)

 1等と前後賞を合わせて3億円が当たる「ドリームジャンボ宝くじ」と、1等の100万円が7千本ある「ミリオンドリーム」が12日、全国一斉に発売され、各地の売り場は幸運を求める人でにぎわった。

 大阪・キタの大阪駅前第4ビル特設売り場では、午前8時の販売開始前に約30人が並び、金色のはちまきをした販売員から宝くじを買い求めた。

 20年通い続けているという大阪府東大阪市の会社員、梶井隆行さん(47)は30枚を購入。「金運が上がるように黄色のミニバイクに乗って買いに来た。当たったらハワイに移住したい」と期待に胸をふくらませていた。

 ドリームジャンボ宝くじは1等2億円が27本、前後賞5千万円が54本、2等1億円が81本。ミリオンドリームは、1等のほか2等1万円が7万本など。いずれも販売は6月4日まで。抽せんは6月15日に東京宝塚劇場で行われる。

【関連記事】
西田敏行、新CMで殿様「宝勝豊」を熱演
香取慎吾、ロト6当たったら「マイ楽屋」
当たりくじ券を偽造 79歳が87歳から3万円詐取の疑いで逮捕
鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初
生活かかる金メダル 日中選手、ハングリー精神の差

普天間、手順に注文=社民・福島氏(時事通信)
普天間移設案に反対 社民が閣僚委欠席へ(産経新聞)
宝くじ 収益が天下り法人に 年360億円超(毎日新聞)
消費増税明記に否定的=小沢氏「第一は無駄削減」―参院選公約(時事通信)
<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-05-18 21:41

<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)

 環境省は9日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのうち、9日にもひなの誕生が期待されていたペアの巣にカラスが侵入したと発表した。中の卵をつついていたとみられ、直後に戻ったトキの雄が1個を外へ捨てたという。トキは通常3〜4個の卵を産むが、同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平保護官は「他の卵は食べられた可能性もあり、このペアでの繁殖は厳しくなった」と話している。

 同省によると、同日午前5時50分ごろ、カラス2羽が飛来し、巣の中をくちばしでつついた。近くにトキの雄はいたがカラスを追い払うなどせずに飛び去り、カラスがいなくなった後の午前6時40分ごろ、巣に戻って卵を捨てた。その後、ペアは巣に戻らずバラバラに行動しているという。

 このペアは08年に放鳥された4歳の雄と、09年放鳥の1歳雌。4月12日以降、雌雄交代で卵を温める「抱卵」が観察されており、産卵した可能性が高いとみられていたが、今月2日以降、雌が巣を長時間離れるなどしており、ふ化が懸念されていた。市内にはふ化が期待できるペアがまだ2組いる。【畠山哲郎、磯野保】

【関連ニュース】
トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡
放鳥トキ:3個目も巣外へ 別のペア、卵ふ化の可能性
トキ襲撃死:電気柵などの設置を…検証委が報告書案
放鳥トキ:また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性
トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園

田島氏“お祭りガールズ”結成(スポーツ報知)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
7日午後に徳之島3町長と会談=鳩山首相(時事通信)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
[PR]
by iw7rchciko | 2010-05-11 14:27