捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)

 富山県氷見市の島尾海水浴場にオットセイが打ち上げられているのが11日午前に発見され、約30時間後の12日午後、衰弱した状態で新潟市の水族館にようやく引き取られた。

 法律で捕獲禁止対象となっているため、氷見市は見守るしか手だてがなく、職員が24時間態勢で見守りながら、国にかけ合ったが、了解をとるまでに時間がかかった。同市の海岸でオットセイが生きたまま打ち上げられた例は過去になく、付近住民は無事でいてほしいと願っている。

 オットセイが見つかったのは11日午前9時半頃。海岸の波打ち際に横たわっている姿を住民が見つけ、市に届け出た。主にベーリング海やオホーツク海に住むキタオットセイとみられ、体長は約1メートル40、胴回りは約30センチ。10日午前には約1キロ離れた海岸でオットセイが確認されており、同じ個体とみられている。

 発見当初から衰弱が激しく、臘虎(らっこ)膃肭獣(おっとせい)猟獲取締法で、許可のない捕獲が認められていないため、市は対応に苦慮。野犬などに襲われないようにと、職員が交代で夜間もすぐそばで見守った。

 12日午前11時半頃、自力ではいつくばって、海に戻ろうとしたが、途中で動かなくなった。この後、同市が水産庁との協議で「対応が必要」との返事を得たため、飼育実績のある新潟市水族館「マリンピア日本海」が受け入れることになった。

 同日午後3時15分頃から、市の職員7人が漁用の網を使って捕まえると、一瞬、体を激しく動かしたが、トレーに載せた後はぐったりとした様子。車内の温度を低く保つため、氷を積み、窓を開けたままの状態の自動車で、獣医師らとともに出発した。夜間も付き添った市の職員の男性は「無事に捕獲することができて良かった。元気になってもらいたい」と話していた。

 ◆臘虎膃肭獣猟獲取締法=1912年制定。ラッコとオットセイを国の許可なく捕獲することを禁じている。乱獲に伴い、北太平洋のラッコの数が激減したのを受け、前年の11年に周辺国で締結した国際条約に合わせ、定められた。治療などの目的がある場合、捕獲を許可することもある。

<公明党>参院選「他党候補推薦せず」発言を撤回 山口代表(毎日新聞)
<宮若市長選>有吉哲信氏が再選 福岡(毎日新聞)
千葉大女子学生放火殺人 荻野さんに卒業認定書授与(産経新聞)
TBSのドキュメント番組 撮影時期の矛盾にネット騒然(J-CASTニュース)
インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ (産経新聞)
[PR]
# by iw7rchciko | 2010-03-20 15:13

<訃報>村松巌さん84歳=七十七銀行元頭取(毎日新聞)

 村松巌さん84歳(むらまつ・いわお=七十七銀行元頭取)11日、心不全のため死去。葬儀は近親者で営む。お別れの会を後日開く。喪主は妻信子(のぶこ)さん。

警部補、飲酒運転で人身事故 沼津署(産経新聞)
首相、邦夫氏離党で「さまざまな動き出てくる」(産経新聞)
ラ・マンチャのワイン 品質で世界競争力向上(産経新聞)
<中大教授刺殺>「被告の責任能力は限定的」主張へ 弁護側(毎日新聞)
外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ(読売新聞)
[PR]
# by iw7rchciko | 2010-03-18 18:40

統幕学校の田母神氏拒否 理由は「政府と異なる見解を公に」(産経新聞)

 政府は16日の閣議で、田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長が、統合幕僚学校から3月5日の卒業式に招待されながら、後に出席を拒否された問題について、答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に答えた。

 答弁書では、渡辺隆統幕学校長が田母神氏に出席を断る連絡を行った際、その理由について「航空幕僚長であった当時、政府の認識と異なる見解を公にしたことが極めて遺憾だとの政府の認識を踏まえて説明した」としている。

 防衛省が出席拒否を通告したとの見方に関し、答弁書は「防衛省の内部部局等から統幕学校に対し(田母神氏に欠席を求める)通告を行った事実はない」と明記した。田母神氏は「村山談話」で示された政府見解と異なる歴史認識を盛り込んだ論文を発表して更迭された。

【関連記事】
田母神氏開設の「歴史・国家観講座」を廃止 防衛省統合幕僚学校
統幕学校、田母神氏の卒業式出席を一転拒否
田母神論文「組織的に一企業に協力」 防衛監察本部
田母神氏、平和祈念式「左翼ばかり参列」
「事なかれ主義のトップはいらぬ」田母神俊雄氏
20年後、日本はありますか?

猫投げ落とす?相次ぎ10匹死ぬ(読売新聞)
優勝メダル盗難か 秩父宮スポーツ博物館(産経新聞)
谷垣、与謝野会談を提案=石破氏(時事通信)
検察官が示した衣服の写真に「だいたい同じ」目撃者が証言(産経新聞)
<東京大空襲>朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
[PR]
# by iw7rchciko | 2010-03-17 03:51

直接支払制度を来年3月末まで猶予―出産育児一時金で厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、出産育児一時金の直接支払制度の完全実施を1年先送りし、来年3月末まで猶予する方針を固めた。また、請求・支払いの機会を月1回から2回に増やす。

 昨年10月から実施されている直接支払制度では、出産育児一時金42万円が、出産した人ではなく医療機関に保険者から直接支払われる。退院から支払いまで1-2か月かかり、その間は医療機関が分娩費用を立て替えることになるため、現場から「資金繰りが苦しくなる」と反発する声があり、完全実施は今年3月末まで猶予されていた。


【関連記事】
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏

エステ経営者ら逮捕 無免許で「光脱毛」の疑い 神戸(産経新聞)
自宅から大麻やコカイン=JAYWALK中村容疑者−警視庁(時事通信)
<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)
<雑記帳>大分大5年生 人気のタマ(毎日新聞)
日比谷線事故から10年、慰霊碑に献花(読売新聞)
[PR]
# by iw7rchciko | 2010-03-13 01:53

イルカ漁隠し撮り米映画、画像修整して公開へ(読売新聞)

 和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りした米国のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」が、同町や地元漁協の要請を考慮した画像修整などを行って公開されることが、5日分かった。

 映画配給会社アンプラグドによると、昨年10月の東京国際映画祭で上映後、同町・漁協関係者から、漁民らの肖像権を侵害する恐れがあり、内容にも事実誤認があるとの指摘があった。

 そのため、イルカ漁の場面で漁民らの顔にぼかしを入れるとともに、映画の最後に「イルカ肉から2000ppmの水銀値が検出されたとあるが、イルカ肉すべてが高い値であるとは限らない」「イルカ肉を鯨肉として偽装販売しているという表現があるが、太地町は、水産庁の調査でもそのような事実はないと反論している」などと字幕を入れた。

 同社は「太地町への個人攻撃ではなく、問題提起が目的なので、修整を施した」と話している。

<ラーメン橋>近くに店ないのに看板 福岡・香春の国道(毎日新聞)
徳之島で移設反対集会、町長が声明読み上げ(読売新聞)
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞)
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
[PR]
# by iw7rchciko | 2010-03-11 03:44